翠陵Blog

  • 【中学生】英語スピーチコンテスト

    • 2019.11.29
    • 翠陵Blog

    先週、先々週の国際コース1、2年生に引き続き、

    今日の5、6限は中学生のスピーチコンテストが行われました。

     

    まずは国際コースの高校1年生と2年生の代表2名の登場です。

    高校生の先輩の堂々としたスピーチに中学生たちも

    熱心に耳を傾けていました。

     

    その後はいよいよ中学生の出番。

    各学年各クラスでの予選を経て選ばれた代表者13名が

    舞台でそれぞれのスピーチを披露しました。

     

     

    中学生の発表の後は、現在翠陵に通っている

    タイからの留学生とインドネシアからの留学生による

    日本語のスピーチがありました。

     

     

    全てのスピーチが終わった後は、審査結果の発表。

    校長先生から表彰状が渡されました。

    今日のスピーチコンテストには

    「日頃の英語の表現活動の成果を発揮する場」、

    「他の人のスピーチを聞いて更なる向上心を育む場」

    となって欲しいという想いが込められています。

    生徒たち一人ひとりにとって、非常に意義ある場になったのではないでしょうか。

     

    【生徒の感想】

    ・「中3のスピーチは今までの2年間とは違い、『オリジナル』です。

    『ひねり』を入れたいと思い、『自分の夢』というテーマを選んだ。

    スピーチを一から作るので、今までのようにすぐに発音練習に入れず

    スケジュール的にハードだった。

    要領よく準備しなけれならなかったので大変だった。

    スピーチ原稿が出来たらネイティブの先生から発音指導を受けたが

    あまりうまく発音できないものもあったため、直前で言葉を入れ替えたのも

    大変だった。でも、最後まで自分のやるべきことができた。」

     

    • アーカイブ

    • カテゴリー