学校生活

  • 「コミュニケーション研修」報告~第1回~

    • 2018.05.11
    • 学校生活

    5月8日(火)に中学2年生を対象としたコミュニケーション研修第1回(全3回)が行われました。
    今回の研修では、人とコミュニケーションをとる場合、自分自身がどういう状態なのかを(Happyなのか、Unhappyなのか)言葉で的確に表現するトレーニングを行いました。
    まずはじめに、Happyなとき、あるいはUnhappyなとき、私たちはどんな言葉を使っているのか、黒板に書き出してみたところ、たくさんの言葉が挙げられました。
    特に今日は「Unhappy(不快)を感じた場合に焦点をあて、自分の気持ちを文章にする練習を行いました。
    Unhappyなときは、その状況を的確な言葉で表現することで、私たちはUnhappy な状態から抜け出せることを学びました。
    なぜ、悲しいのだろう、なぜ、落ち込んでいるのだろう、この「なぜ」の部分を理解し、的確に表現することが大切なのです。そのために語彙を増やすことが今後の課題として見えてきました。
    残り2回を通して、生徒たちは人との円滑なコミュニケーションの方法が「わかる」から「できる」を目指して研修を行なっていきます。