翠陵トップ » 高等学校のご案内 » [学習] 各教科の取り組み

各教科の取り組み

英語科

英語科

翠陵の英語教育
  • 文部科学省から英語教育研究開発校(スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール)に指定された期間に教材・指導法の研究を積み、開発した英語指導法を駆使して4技能のレベルアップを目指します。スキャニング(情報検索)やスキミング(概要把握)、マッピング(情報整理)活動を取り入れ、語彙や文法などの知識習得を幅のあるものにします。特に、国際コースでは「英語で考え、英語で表現できる」高レベルの目標設定をしています。
    翠陵の英語教育について詳しくはこちら

英語カリキュラム

英語で思考し、表現するために
3コースとも「大学入試に対応できる英語力」の習得を目指しています。さらに国際コースでは「高度な実践的英語コミュニケーション能力」の育成も目標に掲げます。英語を楽しみつつ学年を追うごとに語彙・文法等の知識と作文・会話等の表現力の双方を高めていきます。また、きめ細かなフォローアップができるよう、3コースとも、授業は習熟度別の少人数制クラスで実施。定期的に開催されるSuiryo Words Olympicは、語彙レベルの確認が目的ですが、学習意欲の向上にも効果的。また、国際的なネットワークを活かしつつ、実践的に英語を学習する環境も整っています。

ページトップへ

数学科

数学科
数学カリキュラム

数学は積み重ねて学ぶ教科です。そこで数学科では、各ステップにおいて、適切適量な問題演習を重ね、それまでの学習事項を確かめながら学力を積み上げることを大切にしています。1年では、全員がハイレベルである特進コース以外は習熟度別にクラスを編成。基礎固めをしっかりと行います。もし、つまずいても、その場で立ち上がれば苦手意識に陥ることはありません。数学オリンピック大会などのイベントも意欲をかきたてます。数学学習の目的は論理的に物事を考える力の育成です。それは、数学に限らず、さまざまな分野で支えとなるでしょう。

ページトップへ

国語科

国語科
国語カリキュラム

人は、一つの言葉に対してさまざまな視点を持ったりイメージを抱いたりします。国語の授業では常に対立概念を意識し、自分の意見との違いを認め、他者の美点を柔軟に取り入れる姿勢を養います。そして、自分の考えを明確にし、相手と正確に伝えあう表現力を育みます。授業では、現代文・古典ともに問題演習を積極的に行い、文法・語句の基本的な知識とともに、あらゆる文章に対応できる論理的な国語力を補強します。また、「読書カード」や「読書感想文」、「短歌・俳句の創作」などの課題を通して自己表現力を磨いていきます。

ページトップへ

理科

理科
理科カリキュラム

身の回りの出来事に疑問を抱き、実験・実習を通して体験的に理解する。最終的には、研究テーマの設定から実証までの科学的なプロセスを、すべて自分で組み立てられるまでに到達することが翠陵の理科の目標です。教科書の知識だけに満足せず、科学の世界に興味を抱けるよう、科学に関する最新の新聞記事を紹介することもあります。興味を持つ姿勢、疑問を感じる感受性、解決に不可欠な洞察力、試行錯誤する創造性などは、大学入試にもつながります。難問にぶつかっても、情報を整理し、知識を駆使すれば解法は自然と浮かび上がってくるからです。

ページトップへ

社会科

社会科
社会カリキュラム

多角的に学習内容を捉えたオリジナル教材・オリジナル演習問題を活用します。新聞記事に対する意見交換なども取り入れ、暗記するのではなく「理解する教科」として学びます。年2回、実施される実力養成試験は、既習範囲をすべて含んだ問題構成とし、定着度の確認に活用します。社会科は他教科を学習するための基礎知識と密接につながっています。独自の「リンク授業」「コラボレーション授業」は、他教科と連動した学びです。世界史と日本史に10単位の授業時間を確保し大学進学対策も徹底します。