翠陵トップ » 高等学校のご案内 » [受験生の方へ] 募集要項

募集要項

平成30年度 特待生・推薦・一般・オープン入学試験要項

1.募集人員

第1学年 普通課程 男女120名

  合計 特待生・推薦 一般 オープン
特進コース 20名 10名 10名 3コース合わせて
5名
国際コース 20名 10名 10名
文理コース 75名 40名 35名
  • *上記募集人員のうち、特待生は約7名
2.試験日・出願手続・試験科目・合格者発表
募集区分 特待生・推薦 一般 オープン
試験日 1月22日(月) 2月10日(土) 2月12日(月・祝)
出願期間 1月16日(火)
1月17日(水)
1月24日(水)

1月27日(土)
1月24日(水)

2月12日(月・祝)
*受付時間 平 日/9:00~15:00 土曜日/9:00~12:00
*日曜日・祝日は受け付けません。〔ただし、2月12日(月・祝)は8:00~8:45の間のみ
 受け付けます。〕
*受付場所 学内所定窓口
検定料
20,000円 〔1月9日以降銀行振込。ただし2月12日は現金持参可〕
*生徒名で振込をしてください。
*一度納入した検定料はお返ししません。
提出書類
入学志願票
調査書(公立高校提出用と同じもの)・推薦書
入学志願票
調査書(公立高校提出用と同じもの)
入学志願票〔裏面に中学校長の受験確認印が必要です〕
調査書の提出は必要ありません。
試験科目
面接試験(本人のみ)
筆記試験
 国語・数学・英語(リスニ
 ングテストを含む)
面接試験
 (グループ面接・本人の
 み)
筆記試験
 国語・数学・英語(リスニ
 ングテストを含む)
面接試験(本人のみ)
開始時間 10:00 9:00 9:00
選考方法
面接試験・調査書により選考
筆記試験・面接試験・調査書により選考
筆記試験・面接試験により選考
合格者発表
[学内手渡]
1月23日(火)
10:00~11:00
2月11日(日)
10:00~11:00
2月13日(火)
10:00~11:00
チャレンジ制度
①推薦・一般入学試験において、他コースへの変更を希望する場合は、入学試験得点結果に応
 じてコースへの変更が認められることがあります 。
 〔文理→国際、文理→特進、国際→特進〕
②推薦入学試験出願者がこの制度を利用する場合は、2月10日(土)一般入学試験で希望コー
 スを受験して下さい 。この際の検定料は必要ありません。
③この制度を利用する場合は、出願時に志願票の所定の欄に希望の有無と希望コースを記入し
 て下さい。
特待生制度
*本校を第1希望として、特待生入学試験に合格した者には、特待生として下記の特典が与え
 られます。
  • ①入学手続時の納入金のうち校納金(入学金・施設設備費)を全額免除。
  • ②入学後の納入金のうち、授業料、校費の全額及び2・3年生進級時の教育環境充実費を全
     額免除。
*特待生の特典は、学年進級時の資格審査に合格すれば継続することができますが、学業成
 績、操行等が特待生としてふさわしくないと判断された場合は、その特典は取り消されま
 す。
*特待生として入学した場合には、本校の「特待生規定」が適用されます。
  • *特待生入学試験および推薦入学試験は、人物・学力ともに優れ、中学校長より推薦された者を対象とし、他の
     公私立高等学校を併願することはできません。
3.入学手続
入学時納入金振込期間
入学手続日時
制服等注文日時
特待生入学試験
--------------------------
1月25日(木)
10:00~15:00
2月18日(日)
11:00~15:00
推薦入学試験
1月24日(水)1月25日(木)
一般入学試験
2月13日(火)3月 2日(金)
3月2日(金)
10:00~15:00
3月4日(日)
10:00~15:00
オープン入学試験
2月13日(火)3月 2日(金)
3月2日(金)
10:00~15:00
3月4日(日)
10:00~15:00
  • *上記の振込期間内に入学時納入金(385,000円)を生徒名で銀行振込にて納入してください。期間内に納入さ
     れない場合は入学の意思がないものと判断します。
  • *入学手続日に「振込受付証明書」(特待生入学試験を除く)を持参し本校事務室で入学手続を行ってくださ
     い。
  • *制服等注文日に学内指定教室で制服等を購入してください。
  • *一度納入した入学金は、理由のいかんにかかわらずお返ししません。
  • *施設設備費についても、平成30年4月1日以降は、理由のいかんにかかわらずお返ししません。
4.入学金および学費等
入学時納入金
●校納金
入学金
190,000円
施設設備費
170,000円
●その他の納入金
1年次宿泊行事費用
25,000円
合計
385,000円
入学後納入金
●校納金
授業料
月額 36,000円
(年額 432,000円)
校費
月額 8,000円
(年額 96,000円)
●その他の納入金
生徒会入会金
年額 1,000円
(入学時のみ)
生徒会費
年額 6,000円
(5月・10月に分納)
保護者会入会金
年額 5,000円
(入学時のみ)
保護者会費
年額 6,000円
(5月・10月に分納)
同窓会費
年額 1,200円
(5月・10月に分納)
積立金
年額 120,000円
(5月・10月に分納) *教材費・修学旅行費等
合計
年額 667,200円
  • *積立金は、卒業時に清算し残金があればお返しします。
  • *教育環境充実費として、2年生及び3年生進級時に、それぞれ100,000円(年額)を納入していただきます。
  • *在学中、経済状況の変動等により授業料等を変更する場合があります。
  • *高校2年次に実施する「海外教育研修」の費用については、各ご家庭で準備していただきますが、詳細は新入
     生登校日にご説明します。
5.学校指定品の価格(消費税込み)
 
男   子
女   子
制服一式
55,330円
50,370円
夏季制服一式
24,240円
23,450円
ソックス(1足)
450円
570円
通学靴
9,330円~11,340円
6,650円~7,710円
 
男子・女子
運動着一式
13,750円
運動靴(内・外用2足)
8,500円
通学鞄
11,310円
6.兄弟姉妹同時在学時の納付金一部減免制度

本校に兄弟姉妹が同時に在学する場合(中学校も含む)、弟妹の入学時の施設設備費、進級時の教育環境充実費の全額を免除します(後日返金)。手続については、入学後にお知らせします。

7.学費軽減制度

神奈川県では、県内私立高等学校等に通う県内在住の生徒に対し、学費負担者の所得により入学金と授業料を軽減する制度を設けています。手続については、入学後の6月頃お知らせします。

8.高等学校等就学支援金制度

私立高等学校等に在学する生徒が、家庭の状況にかかわらず安心して勉学に打ち込めるよう、国の費用による高等学校等就学支援金によって家庭の教育費の負担が軽減されます。就学支援金は学校が生徒に代わって受け取り、授業料の一部に充てますが、支給額は保護者の「市(町)民税の所得割額」によって異なります(基準税額を超える世帯は対象外)。詳細につきましては、新入生説明会でお知らせいたします。

9.受験者への注意

(1)入学志願票・受験票は、「入学志願票・受験票記入上の注意」に従って記入してください。
(2)入学試験の詳細については出願手続時にお知らせします。

ページトップへ

入学志願票・受験票記入上の注意

  1. 入学志願票(A)・(B)および受験票の*印欄以外のすべての欄に記入してください。
  2. 記入する際は、黒または青のペン・ボールペンを使用してください。
  3. 文字は楷書、数字は算用数字で記入してください。
  4. 誤って記入した場合は、二重線で消して書き直してください。
  5. 氏名の「ふりがな」は平がなで記入してください。
  6. 保護者の現住所が志願者と同じ場合は、「同上」と記入してください。
  7. 電話番号は、市外局番・市内局番・自宅番号のすべてを記入してください。受験に関しての問い合わせ等の際は、保護者欄に記入されている電話番号先に連絡します。なお、緊急時の連絡で不在の場合、それに代わる連絡先がありましたら記入してください。携帯電話の連絡先でも構いません。
  8. 受験する入学試験の受験欄に○を記入してください。
  9. 志願コースは特進・国際・文理のいずれかを○で囲んでください。
  10. オープン入学試験を受験する場合は、入学志願票(A)裏面の受験確認欄に、中学校長の確認印が必要です。
  11. チャレンジ制度を利用する場合には、「チャレンジ制度を利用する」に☑をし、希望コースを○で囲んでください。
  12. 写真(正面・上半身・脱帽)は最近3カ月以内に撮影したものを使用してください(カラー・モノクロいずれも可)。なお、ポラロイド写真は使用しないでください。
  13. 検定料は所定の振込用紙を使用し、銀行振込(生徒名)で納入してください。なお、入学志願票(B)の裏面に、検定料を振り込んだ銀行の受付・日付印のある「振込受付証明書」を必ず貼付してください。ただし、オープン入学試験の2月12日の出願は現金持参でも受け付けます。
  14. 出願後の記入内容の変更は認めません。
【個人情報の取り扱いについて】

出願および入学手続にあたってお知らせいただいた氏名、住所その他の個人情報は、入学試験の実施、合格発表、入学手続と、これらに付随する業務を行うためだけに利用します。