翠陵トップ » 高等学校のご案内 » [学校概要] 沿革

沿革

学校法人堀井学園は、堀井章一によって1940(昭和15)年に創立されました。横浜国際女学院翠陵高等学校の開校は1986(昭和61)年です。開校当初より先進的な教育活動を実践し、特に英語教育や国際理解教育に積極的に取り組んできました。その実績が評価され、文部科学省から短期間の内に「帰国子女教育研究協力校」「姉妹校交流研究推進校」「特色教育振興モデル校」「次世代ITを活用した未来型教育研究開発事業実施校」「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi英語教育研究開発校)」「教育改革推進モデル事業校」などに指定され、21世紀にふさわしい教育実践校へと進化し続けてきました。また、6年間の長いスパンで教育目標の達成を目指すため、中学校も1999(平成11)年に開校しました。
2011(平成23)年には男女共学化。校名も横浜翠陵中学高等学校となりました。そして、2016(平成28)年にグローバルチャレンジクラス(6ヶ年一貫クラス)が始まりました。

1985(昭和60) 11月 横浜国際女学院翠陵高等学校設置認可
1986(昭和61) 4月 横浜国際女学院翠陵高等学校開校
1987(昭和62) 7月 高2海外教育研修開始(以降毎年実施)
1988(昭和63) 6月 中華人民共和国上海市第三女子中学と友好校提携
1989(平成元) 4月 文部省より「帰国子女教育研究協力校」に指定(~1997)
1992(平成4) 1月 コンベンションホール完成
1993(平成5) 7月 メキシコ合衆国日本メキシコ学院と姉妹校提携
11月 アメリカ合衆国セント・ポール女学院と姉妹校提携
1994(平成6) 3月 上海市第三女子中学へ交換留学生派遣開始(以降毎年実施)
1995(平成7) 3月 日本メキシコ学院へ交換留学生派遣開始(以降毎年実施)
セント・ポール女学院へ交換留学生派遣開始(以降毎年実施)
10月 全国私学教育研究集会【国際理解教育部会】開催
1996(平成8) 4月 文部省より「学校保健統計調査実施校」に指定
1997(平成9) 4月 文部省より「姉妹校交流研究推進校」に指定(~1999)
1998(平成10) 1月 新校舎完成(図書館、グリーンホール、普通教室)
4月 文部省より「特色教育振興モデル校」に指定(~2000)
1999(平成11) 3月 コンピュータ室完成
4月 横浜国際女学院翠陵中学校開校
2000(平成12) 4月 文部省より「学校保健統計調査実施校」に指定(~2002)
2001(平成13) 2月 文部科学省より「次世代ITを活用した未来型教育研究開発事業実施校」に指定(~2003)
2002(平成14) 10月 国際教育交流馬場財団より「第13回馬場賞」を受賞
2005(平成17) 4月 文部科学省より「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi:英語教育研究開発校)」に指定(~2008)
11月 文部科学省より「教育改革推進モデル事業校」に指定
海外三姉妹校の生徒と本校生徒による交流会を開催
2008(平成20) 11月 文部科学省より「教育改革推進モデル事業校」に指定
4カ国の生徒が一堂に会し、各国の伝統文化を発表・展示
2011(平成23) 4月 男女共学化。横浜翠陵中学・高等学校に校名変更
2016(平成28) 4月 翠陵中学校グローバルチャレンジクラス(6ヶ年一貫クラス)スタート