グローバルチャレンジクラス

グローバルチャレンジクラス創設のご挨拶

 社会のグローバル化と情報化の進展によって学校教育は大きく変わろうとしています。従来の知識・技能中心の学力に加えて、思考力・判断力・表現力が求められ、自ら課題を発見してその解決に向けて取り組む力も必要とされてきました。平成32年度からは新たな大学入試制度がスタートすることも発表されました。これからは、ICT技術を活用して、国内外のさまざまな場面において自分の考えを適切に発表することのできる能力も重要になってまいります。
 横浜翠陵中学・高等学校は平成23年度の男女共学化以来“Think & Challenge !”をモットーにして新たな教育活動を展開し、学力の向上とともに、「考える力」と「挑戦する心」の育成に努めてまいりました。その結果、進学面においても大きな成果を上げることができました。
 平成28年度からはこれからの社会に必要とされるグローバル人材の育成を目指して教育内容を更に進化させます。中高6ヶ年一貫のグローバルチャレンジクラスを創設し、6年間の教育の中で、次世代を担う人材の教育を推進してまいります。横浜翠陵の考えるグローバルとは、定評ある翠陵の「英語力」、自信をもって挑戦することのできる「人間力」を基本として、「考えることのできる人」の校訓に基づき「明日の世界をよりよい世界にするために考えて行動のできる人」の育成を目指すものです。

横浜翠陵中学・高等学校長 田島久美子

グローバルチャレンジクラス