キャリア教育

自分の将来を広げるために…
様々な種類の多くの経験を積むことで、自分の可能性に気がつくことができます。
大学や学部の選択、将来の職業を選んでいくためのキャリア教育プログラムを、中2から段階的に取り入れていきます。
進路に対する意識が高まれば、学習に対するモチベーションも高まります。

仕事体験(中2)

中学2年生では実際に仕事を体験することで、世の中が様々な仕事で成り立っていることを学習します。また、挨拶や身だしなみなど社会人としてのマナーも学びます。

大学出前授業 (高1~高2)

大学の先生方による授業を受講します。大学での学びを体験することで高校卒業後の学びをイメージし、モチベーションを高めます。

大学フォーラム (高3)

学内に様々な大学のブースを設け、大学の先生方より直接、大学の特長や研究内容について説明していただきます。自分の目的に沿った大学選択の指針となります。

進路ノート

生徒の進路に対する意識を高めるために、各自が進路ノートを作成します。ノートには豊富な進路情報とともに、14の研究テーマが用意されており、それを計画的に研究していきます。定期的に担任がチェックし、一人ひとりにあったアドバイスをします。

高校2・3年の研究テーマはより具体的になります。大学受験制度や受験科目、学部・学科の内容も調べます。また、進路ガイダンスや大学・学部別ガイダンス、予備校講師の話や卒業生の体験談を聞く講演会も頻繁に開催。それらに参加しながら、受験志望校を決定していきます。

進路ノート研究テーマ(一部)
高校1年 高校2年 高校3年
  • 自分のことをもっと知ろう
  • 自分史を書いてみよう
  • 仕事研究をしよう
  • 職業人に話を聞こう
  • 社会について知ろう
  • 大学について知ろう

  • 進路について考えよう
  • 学部・学科を知ろう
  • 志望校について知ろう
  • 社会について知ろう
  • 大学入試への理解を深めよう

  • 志望理由をまとめてみよう
  • オープンキャンパスに参加しよう
  • 小論文について知ろう
  • 小論文のキーワードについて知ろう