高2 海外教育研修 2012 英語研修型 イギリス(ヨーク) No.11@
7月31日の報告1です。


今日は、朝からひんやりと冷たい空気。
目が覚めても、なかなかベッドから出る気がしませんでした。
現地の方も、9月くらいのお天気だと言っていました。
日本だと、11月くらいでしょうか…コートを出そうか、迷うくらいの気候です。
午前・午後はお天気ももちましたが、夕方から雨が降っています。


今日の午後はヨークの街へいきました(2回目)。

半分くらいの生徒たちの目当ては、ディズニーストアで売っているショップバッグ(写真1)。
前回の訪問時に見つけて以来、1週間ずーっと楽しみにしていました。

そんなわけで、生徒たちはショッピングに夢中。
引率教員と添乗員さんでYork Castle MuseumとYork Minsterへ行ってきましたので、その写真を少し紹介します。

Castle Museumは、生徒たちが買い物をしたエリアから徒歩10分ほどのところにあります。
名前の通り、お城を博物館のようにしています。
ビクトリア朝時代から20世紀までのYorkの歴史を、展示品とともに紹介しています。
洗濯やお風呂の歴史といった生活に密接に関わるものや、おもちゃの歴史まで!
街並みの再現もあり、タイムスリップしたかのような気分になれます。
なんと、牢獄の展示も。
戦争に関わるもの(武器・防具…)の変遷や、二度の世界大戦中のYorkの様子も紹介されていました。

York Minsterは、なんといってもステンドグラスが素敵でした。
聖歌隊が歌うなか、心が浄化されるような空間でした。


写真の説明です。

写真2:街で見かけた馬車。大人も一人£4.00(約500円強)で街を巡回できる?!
写真3:Castle Museumに展示されていた1900年のお風呂。とっても小さいですが、家族全員が終わるまで中のお湯は変えなかったそう。
写真4:街並みを再現。路地裏まで精巧につくられていました。
写真5:Castle Museumをでてすぐのところにある、Criffords Tower。
写真6:York Minsterで一番有名なRoseのステンドグラス。

ディズニーのショップバッグ街中に馬車が!1900年のお風呂!
再現された町並みCriffords TowerRoseのステンドグラス

最新記事一覧ページへ →