高2 海外教育研修 2011 英語研修型 イギリス No19
8月12日 朝8時30分にバースを出発して、11時30分ごろロンドンに到着しました。最初に世界最高峰の博物館といわれている大英博物館を見学しました。古代エジプト、メソポタミア、ギリシア、ローマの遺跡が数多く展示されていてその質と量に圧倒されました。次に訪れたのは、ビッグベンで知れれ世界遺産にも登録されている国会議事堂。続いて、隣接しているウェストミンスター寺院と徒歩で見学しました。同寺院は歴代の英国王の戴冠式や王族の葬儀などが執り行われる教会というだけあって、荘厳な外観は見事でした。そしてバスで移動し、バッキンガム宮殿を見学しました。その日は平日にもかかわらず、様々な国から多くの人々が見学に訪れていました。残念ながら、エリザベス女王はじめ王族の方たちは休暇をとって不在ということでした。
その後、時間がないということで、車窓から、セント・ポール大聖堂、トラファルガー広場、ロンドン塔、タワーブリッジを見学して、本日の宿泊施設であるバンクサイドハウスに到着しました。
これで、今回の3週間にわたるイギリスでの英語研修を終えて、明日帰国の途に着きます。以上でイギリスからの研修報告を終了します。
大英博物館にて。国会議事堂(ビッグベン)にて。ウェストミンスター寺院にて。
  
バッキンガム宮殿にて。  

最新記事一覧ページへ →