高2 海外教育研修 2011 英語研修型 イギリス No.13
8月4日 今日でイギリスでの海外研修も2週間が過ぎ、ヨークでの英語研修が終了しました。
授業終了後、12時からホールで修了証書の授与式があり、翠陵生全員にそれぞれの英語クラスを担当した先生から修了証書が授与されました。
昼食をはさんで、午後のアクティビティがあり、今日は貴族の保養地だった街として有名なHarrogateを訪問しました。
残念ながらイギリスに来て初めての本格的な雨の日となり、天候には恵まれませんでしたが、バレイ・ガーデンを散策したり、ショッピングをしたりして楽しみました。
夜のアクティビティは、日曜日に練習したドラム(アフリカの民族太鼓)の演奏発表会を行いました。二つのグループに分かれて、先日習ったリズムに乗せて他の打楽器も交えての楽しい発表会となりました。スペインの生徒と翠陵生の息もぴったり合っていました。

これでヨークでの約2週間にわたる英語研修を終えて、明朝9時に出発して、途中シェークスピアの生誕地として有名なストラットフォード・アポン・エイボンに立ち寄り、バースに移動します。
ホールで行われた修了証書授与式。翠陵生、メキシコの生徒一人ひとりに英語の先生から修了証書が授与されました。修了証書を手に、お世話になった英語の先生と一緒に。バレイ・ガーデンにて(ハロゲートの街訪問)。
ハロゲートの街の中心地にある記念碑の前にて。夜に行われたドラミングに様子。翠陵生とスペインの生徒による合同演奏会となりました。翠陵生もリズムに乗ってドラミングを楽しんでいました。

最新記事一覧ページへ →