高2海外教育研修 2010 体験学習型 カナダ No.7
カナダからの報告です。
職場体験を通して何を学んだか、翠陵生に聞いてみたところ…
「働く意味を学んだ。働くこととは、好きなことだけではなく、人が嫌がることも時にはしなければいけないのだとわかった。」や「英語の大切さを改めて実感した。」「日本で働く両親のことを思った。」など、帰国を数日後に控えた生徒たちが価値ある経験をしたと感じられる答えが多くありました。
この日はバンクーバーで働く日本人女性八木さんに、色々お話を伺いました。カナダに30年在住で雑誌編集のお仕事をされている方です。これらは八木さんが手がけている雑誌です。フリーペーパーやカナダ在住の日本人向け雑誌などがありました。海外で働く八木さんの様々な体験等を聞き、生徒たちは刺激を受けたようです。八木さんに対する質問も沢山出てきました。ここでも英語の大切さや働くことの意義を学んだようでした。
  
午後にはイタリアンレストランへ行き、実際に自分たちで注文をして美味しいランチをいただきました。税金のことやチップのことなど、ここでもまた学びがありました。  

最新記事一覧ページへ →